アーティスト・歌手

映画「キャラクター」でSEKAI NO OWARI Fukaseさんが殺人鬼を演じ、俳優デビュー!主演の菅田将暉さんも絶賛。

スポンサーリンク

6月11日に公開予定の映画「キャラクター」にて俳優デビューをしたSEKAI NO OWARI Fukaseさん。

今回は主演である菅田将暉さんがFukaseさんの役作りについて絶賛していたお話や、今後も積極的に俳優業もしていくのか話していきたいと思います。

菅田将暉さんの家族が仲良すぎる!現在の恋人は小松奈々さん?菅田将暉さんは5人家族の長男で弟は2人ともYouTubeを開設されていて、兄弟とても仲がいいそうなんです! また菅田将暉さんの現在...

スポンサーリンク




映画「キャラクター」のあらすじや登場人物について。

画像出典:映画「キャラクター」の公式Instagram

俳優の菅田将暉さん主演の映画「キャラクター」は今年の6月11日に公開予定となっています。

あらすじ

人の悪を描くことが出来ない才能のない漫画家の主人公・山城圭吾(やましろけいご)が一家殺人事件の現場に遭遇し、犯人を目撃してしまう。

この犯人との出会いによって描き始めた漫画が大ヒットし未熟な漫画家だった山城は売れっ子漫画家へ。

順風満帆かと思えた山城ですが、彼が描いた漫画の内容が現実で次々と起きてしまいます。

そして山城の前に現れたのはかつて一家殺人事件現場で目撃した犯人・両角(もろずみ)「先生が描いたもの、僕リアルに再現しておきましたから。」

殺人犯を基にした漫画を描いた山城の運命はどんな結末を迎えるのか。

「もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?

しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??」

引用元:2021映画「キャラクター」製作委員会

このような基軸となっているようで、予告編を見るとかなり面白そうな作品となっています。

山城圭吾(菅田将暉)

画像出典:2021映画「キャラクター」製作委員会

主人公である山城はお人好しの性格で、画力はあるが悪役などが描けずにアシスタントを務めている漫画家。

両角(Fukase  SEKAI NO OWARI)

画像出典:2021映画「キャラクター」製作委員会

何故殺害事件を起こすのか、身元など謎に包まれている。殺人の手口にこだわりを持っている異常者。

川瀬夏美(高畑充希)

画像出典:2021映画「キャラクター」製作委員会

漫画家の山城を支えている同棲中の彼女。インテリアショップで働いている。

真壁孝太(中村獅童)

画像出典:2021映画「キャラクター」製作委員会

神奈川県警察本部捜査第一課警部補。犯人の行方を追っている。

清田俊介(小栗旬)

画像出典:2021映画「キャラクター」製作委員会

神奈川県警察本部捜査第一課巡査部長。山城の描いた漫画と殺人事件が似ていることに気付く。

メインキャストがとても豪華ですよね!

これは映画館で見たい作品です!Fukaseさんの儚げな雰囲気がとても犯人役に合っているように感じました。

また菅田将暉さん演じる山城がどんどん狂気的に見えるシーンも予告であったので、どんな風に山城が変化していくのかも楽しみです!

そして映画に出てくるこの油絵はFukaseさんが描いたそうなんです。

画像出典:ファッションプレス

殺人衝動を出すことに苦労し、役を理解するために油絵を描いて監督やプロデューサーに見せたところ、本編で使いたいと言われて2m×2mの油絵を描いたんだとか。

Fukaseさんの役作りは他にも取り組んでいたようで、共演した菅田将暉さんも絶賛していました!

スポンサーリンク



菅田将暉さんがちょっと反省したというFukaseさんのお芝居への取組み方とは?

画像出典:FukaseさんInstagram

今回の作品で俳優デビューとなったFukaseさんですが、オファーを受けた当時はとても悩んだようです。

そして1年以上のも準備期間を得て挑んだ映画「キャラクター」では犯人役という事もあり、スーパーの包丁売り場でセリフを唱えていたそうです。

そんなFukaseさんの役作りに対し菅田将暉さんが「凄く丁寧に役作りを考えているんだな」と感銘を受け、お芝居の取組み方について反省したそうです。

それにしてもスーパーの包丁売り場でセリフを唱えていたなんて、もしその現場に居合わせたらちょっと怖いですよね(笑)

Fukaseさんも生半可な気持ちでオファーを受けていないことが分かると思いますし、菅田将暉さんはFukaseさんが初映画だとは思えないほど現場での佇まいが俳優部すぎたと驚いていたようです。

またFukaseさんは役作りの一環として自分の部屋ではつかめないと感じ、川沿いに足を運んだそうです。

菅田将暉さんは今後もFukaseさんは俳優業のオファーは来ると断言していて、いかに今回の作品でのFukaseさんが素晴らしかったのかが分かりますよね!

そんなFukaseさんは撮影を重ねるごとに、菅田将暉さんはカメラが回ってからシーンが始まるまでの間に呼吸が変わることに気付いたそうです。

そこに気付いてからFukaseさんも歌う際に曲の主人公の感情になるために、歌が始まる5秒前に呼吸を変えるようにしたところ、反応が良かったそうです。

呼吸が変わることに気付くなんてFukaseさんが今作を真剣に取り組んでいたかが分かるかと思います。

スポンサーリンク



菅田将暉さんと話していいのか分からず、スタッフに話しかけていいのか聞いていた。

画像出典:フジテレビュー

初めてのお芝居でFukaseさんは撮影現場にて、共演者である菅田将暉さんに話しかけていいのか分からなかったそうです。

カメラが回っていないところで日常会話をしてもいいのか分からず、最終的にスタッフさんに確認までしたんだとか!

すごく真面目な性格をしているのが分かりますし、Fukaseさんは歌手で俳優を元々していなかったことからとても気を遣っていたんでしょうね。

また撮影の合間に血まみれの状態でしりとりをしていたそうなんです。

菅田将暉さんがFukaseさんに「6文字以上しりとりしましょう」と誘ったようで、Fukaseさんの言葉のチョイスはセンスがあり、とても楽しくしりとりをしていたようです。

言葉のセンスに関しては作詞作曲を手掛けているFukaseさんですから、さすがとしか言いようがありませんね。

そして映画「キャラクター」の撮影にあたって菅田将暉さんは裏目標があったようです。

「僕らの裏目標で、Fukaseさんが楽しく終われば、興行収入なんてどうでもいいって」

引用元:フジテレビュー

そんな裏目標があったなんて凄いですよね!

スタッフさんも共演者たちもFukaseさんが初めての芝居という事でやりやすいように、楽しんでもらえるように心がけていたようです。

Fukaseさんも想像の10倍楽しかったようで、菅田将暉さんたちの裏目標は達成したという事になりますね。

撮影現場の雰囲気がきっと良かったから楽しく撮影を終えることが出来たんだと思います。

スポンサーリンク



まとめ

映画「キャラクター」に出演しているFukaseさんの役作りや、撮影現場でのお話についてご紹介しました。

最初の方でお話した油絵はFukaseさんが描いたものというエピソードや、役作りにあたってスーパーの包丁売り場でセリフを唱えていたというのを知れて、更に映画でのFukaseさんがどんな演技を見せてくれるのか楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

映画「あなたの番です 劇場版」はいつ公開!?ロケ地情報やストーリーについて2019年4月から日曜日夜10時30分枠で放送されていたドラマ「あなたの番です」は、企画・原案を秋元康さんが担当しており、今までにないテ...

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です