アーティスト・歌手

BIGBANGのメンバーD-LITEがYouTubeチャンネルを開設していた!

スポンサーリンク

大人気K-POPグループBIGBANGのメンバーD-LITE(テソン)さんがYouTube活動をしていると噂になっています。

軍へ入隊後に違法営業についても問題になったテソンさんですが、今後の活動について調べたのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク




著名にてYouTube活動を始めていた!

2018年3月13日に軍入隊をしたテソンさんは2019年11月10日に服務を終えて除隊したのですが、その後他のメンバーがSNS上でファンとの交流をしているが彼だけは活動をしておらずファンも不安が積もっていたのですが昨年よりYouTubeにて活動をしているみたいなんです。

チャンネル名は「D’splay」でチャンネル登録日は2020年6月25日となっています。

1本目の投稿はBIGBANGの「Bad boy」のドラムカバーとなっていて、初投稿がBIGBANGの曲というのもファンにとっても嬉しい選曲ですよね。

他にもメンバーのG-DRAGONさんのソロ曲である「ピタカゲ」や同じ事務所に所属しているBLACK PINKの曲をドラムカバーしています。

映っているのは顎から下の映像なのですが、声やたまにちらっと映る顔がテソンさんであるとの事なのですが3月11日に投稿されたインタビュー式の動画を見ると本人間違いなしです(笑)

動画内ではD’splayさんがKDS記者の質問に答えるというインタビューのようなものになっています。

KDS記者が「このチャンネルがBIGBANGのテソンさんという疑惑があるんですが、普段テソンさんをご存じでしたか」という質問に対し、「もちろんです。BIGBANGのテソンさん、私もファンです。その方だと思っているというのは私にとって誉め言葉です」と答えているのですが、どう見てもテソンさん本人(笑)

テソンさんのユニークな人柄は変わらずなんですね!元気そうな姿を見ることができるだけでファンも嬉しいですよね。

そしてD’splayさんはYouTubeチャンネルについて、「初めは僕だけの遊び場だったけど、大勢の人が入ってくるので皆が楽しめる遊び場になってほしいです」と答えていました。

最後にはBIGBANGの「BANG BANG BANG」の一部のサビをダンスと共に披露していました。

しかしメンバー全員が兵役を終えて除隊している中、BIGBANGとして活動はまだしていませんよね。

グループ活動を心待ちにしている方が大勢いらっしゃると思うのですが、まずはメンバーが元気に過ごしているのかファンとしては心配ですよね。

こういったメンバーのSNSでの活動はとても喜ばしいと思います。

そして日本語の「くらい」「にごす」とサムネイルに入っている動画の投稿もあって日本のファンは「にほんごをわすれてないことがうれしすぎる」「にほんご、ありがとう」など喜びのコメントが見られました。

スポンサーリンク



入隊中に所有ビルでの違法営業が問題に

テソンさんは2019年3月より軍へ入隊していたのですが、同年の7月に所有ビルの違法営業麻薬流通、更に脱税疑惑という様々な問題が起きました。

テソンさんが入隊前に購入したビルで違法な遊興酒店が営業されている疑惑が浮上してしまい、軍服務中に事務所を通じて謝罪する事態になってしまいました。

ビルは地下1階を含む8階建てとなっていて、許可を得ていないままホステスを雇用し遊興酒営業を経営していたと警察に摘発され1か月の営業停止処分を受けるお店がビル内で出てしまいました。

更に性売春まで行われていた疑惑も浮上していた為、そういった違法営業を運営していた事業主と従業員など56人が起訴され検察に引き渡される方針となっていたのですが建物所有者であるテソンさんは違法営業について「知らなかった」と供述したそうなんです。

警察は実際にテソンさんが建物を管理していたのか調べたが、違法営業の助容疑で立件する証拠資料が見つからなかったため不起訴となったみたいです。

しかし不動産の関係者は「テソンさんが建物を買収する前から違法営業を運営している店が多くあり、そのことを知らずに買収した可能性はとても低い」と話していたんだとか。

更にテソンさんが建物を購入する際に法律諮問を受けたことも明らかとなり、会議に出席していた人によると

「D-LITEは建物で違法遊興酒店の運営が発覚した場合、建物の所有者にも法的責任があることなどを確認しようと、2017年9月20日に法律事務所を訪問したことがある」

引用元:スポーツソウル

と話していたそうで、性売買斡旋幇助罪についてもテソンさんは質問していたらしく、性売買斡旋幇助罪とは性売買の場所を提供する行為やそのことを知りながら資金・土地・建物を提供する行為などが処罰の対象に含まれるそうです。

違法営業を知っていたのではないか?という疑惑も浮上したのですが、証拠不十分で不起訴となったんだとか。

疑惑を残しつつも次に問題となったのは、「所得税」と「財産税」なのですが、建物購入後に納付した税金が一般飲食店入店を基準とした金額だったため脱税された税金があるとされ、韓国の税務当局が追加納付通知を送ったようです。

その金額は約12億ウォン(日本円で約1億1600万円)に上るようで多額な金額を払わなくてはならなくなったと韓国のマスコミが報じていたそうです。

スポンサーリンク



今後BIGBANGは活動を復活するのか?

大人気グループだったBIGBANGですが、全員が軍の服務を終えましたが未だにグループ活動を始動していませんよね。

2020年に事務所と再契約をしたことが明らかとなりましたが、V.Iは売春常習賭博疑惑で2019年にグループを脱退し4人での再契約に。

入隊前は壮大な人気を誇ったBIGBANGでしたが兵役中の様々な問題が起こりました。

G-DRAGON

入隊中に頻繁な入院と休暇を繰り返し誠実な軍生活を送っていないと批判。

T.O.P

義務警察として入隊中に過去の麻薬喫煙容疑で逮捕されて有罪判決に。

除隊後のSNSで「復帰するつもりはない」と発言していた。

V.I

有名クラブ「バーニングサン」で起きた暴行事件に関与していたことでBIGBANGを脱退、そして事務所も専属契約終了となった。

そしてテソンさんの所有する建物で起きた違法営業と本当にたくさんの問題が起きていましたね。

唯一SOLだけ何も問題は起こらずに除隊をしているのですが、ここまでメンバーの問題が多く起こってしまうと除隊してすぐに活動を復帰することに対して応援ムードが起こらないのも分かるような気もします。

本来は2020年に音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」に出演予定とし、ここでBIGBANGの活動を復帰するはずだったのですが、コロナの影響によりイベントが中止になってしまいました。

このことでスケジュールが崩れてしまったのか、カムバック(復帰)予定は具体的な事務所からの発表はありません。

バーニング事件によってBIGBANGの所属事務所であるYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表にまでも影響が起こり、様々な疑惑で警察に何度も足を運んでいたとされたことにより責任をとって代表を辞任したことも関係しているのかもしれませんね。

そしてカムバックするのも韓国でするのではなく、別の国でするのではないか?という噂もあります。

なので米国最大の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」をカムバックの舞台としようとしていたのかもしれませんね。

今後どのような形でカムバックするのかがファンにとっても注目となっていますが、BIGBANGの復帰を心待ちにしているファンが大勢いることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

・テソンはD’splayというチャンネル名でYouTube活動をしている。

・軍の入隊前に所有していたビル内での違法営業で問題となっていた。

・除隊したBIGBANGメンバー(SOL以外)の様々な問題が原因でなのか不明ですが、カムバックはまだしていない。

・カムバックしても韓国以外での活動になるかもしれない?

以上となります。

大人気グループBIGBANGの様々な問題により世間を騒がせたのは間違いないのですが、今後活動を通して以前のように皆から応援されるグループに戻ってほしいですね。

これからもBIGBANGメンバーの活動にも注目です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

G-DRAGON & ジェニーの大物カップル誕生!2人の問題となる「恋愛禁止」GDとジェニーの熱愛歴公開! YGエンターテインメント所属BIGBANGのリーダーを努めるG-DRAGON(以下ジヨン)と、同事務所の後輩BLACKPINKの...

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です